読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kaaaaawaのブログ

はたしてこれはブログなのか?

サブブログ辞めました、大切なのは好奇心と取捨選択

日常 日常-思考

f:id:kaaaaawa1:20160831180611j:plain

 人生は選択の連続だと思う。何事も「やる」か「やらない」か。生活していく中で、日々取捨選択をし不要なモノは捨て、必要なモノを選び、自分がとるべき行動を決断して行く。

私は、選択していく中で「好奇心を大切にしたい」と考えてる。選択幅を広げる好奇心。あれしたい、これなんだろうと興味を持つことで自分自身の可能性を広げることができる。

このブログを始めたきっかけも「やってみたいかも」からスタートした。自分の生活行動のプライオリティの中から取捨選択をし、今日に至るまで生き残っているわけだ。ブログは中々面白い。 

ブロガーあるあるかもしれないが、書き始めて1年ほど経過する頃「専門ブログ的なやつを一つ開設してみようかな?」と考え始めるはず。

記事が増えてくれば必然的に各ジャンル・カテゴリーも増えるわけで、そうなったらそのジャンルに特化した「食べ歩きブログ」や「育児日記」など専門ブログ運営を考え始める。

というか、私は何個も持つのが憧れだったのかもしれない。複数のジャンルに特化したサイトを運営し、PVをばんばん集め、じゃんじゃん稼ぐ。

複数持つなら更新頻度上げろ

 ふと考えてみると、このメインブログ…そもそも圧倒的に記事数が少ない。PVも少ない。結果、特に分ける必要がない。

記事もジャンルも多岐にわたるからこそ専門的に分けるのであって、このブログのような極少記事ではただカテゴリーを増やすだけで事足りるはず。

ということで、「サブブログやーめた」。決断が早いとポジティブに捉えよう。

カテゴリーに「金融」を追加したので、金融知識はこちらにアップしていきたい。

もし、今後一つのカテゴリーが突出してきた場合、独立したサイトをオープンするかも。

今回、サブブログを開設してみて「取捨選択はやはり大切だ」と感じたので、それについて少し書いてみたい。

やりたいこと(やるべきこと)がありすぎる

 普段仕事をしていると、ブログに使える時間が圧倒的に少ない。

まあ、「働くから金をくれ」という雇用契約を結んでるのであたり前だが、一日の活動時間を16時間と考えた場合(睡眠8時間)、仕事に使う時間は9時間、移動を含めると10時間を超える。

残りの6時間がプライベートとなり、その中でいかに時間を捻出するかが重要となる。

時間が6時間と限られているのに、あっちゃこっちゃ手を出すものではない。プライオリティをつけないといけない。

  • ブログを書きたい
  • 夜は走りに行きたい
  • 資料がまだできていない
  • 資格取得の勉強をしたい
  • 撮りためた番組を見たい
  • 会食に行かないといけない
  • 明日の用意をしたい
  • 晩酌をしたい
  • 本を読みたい
  • 趣味を練習したい

とやりたいことリストを上げだせばもう6時間じゃ絶対無理。誰か代わりにやって。

器用な人、業務効率が良い人、できる人は良いのでしょうが、私はネタ集めから記事までの効率も悪いし、一つの記事をアップするまでの時間も長い。

やりたいことを取捨選択することで、時間を有効に使う必要があると改めて感じる。時間というのは貴重なわけだ。

浅く広くは悪いことか?

 一つのことに没頭するか、複数のことを同時にするか、タイプが分かれる。私は確実に後者になる。と言うか同時にこなせないのに複数に目が手が行っちゃうどうしようもないタイプ。

好奇心をもつことは少なからず悪いことではない。自分の選択幅が増えるので単純に知見が広がる。それで、実際に選択をし行動をすれば、体験として蓄積されていく。

知見を広げることによって、アナロジーをより効果的に発揮できる。

アナロジーとは類推のことだが、簡単に言うと「似ているモノから引用する」ことを言う。ようはアイデアを出す、例える、推測する、時に役立つ。

仕事で何かアイデアを出す時には、自分が今まで見てきた、体験してきた、衝撃を受けたことから引用しているはず。0から1を生み出していると思いきや、既に存在している1のパクりにすぎない。

宇宙人の絵を描いてと言われれば、描けるとと思う。見たこともないのに

以前にアナロジーについて書いたのでよかったらご覧いただきたい。

kaaaaawa1.hatenablog.com

様々なことに興味関心を持ち、実際に体験することによって、アイデアの幅や柔軟性が上がる。なので、浅く広くは良いことでもあると思う。

類推するには引用する側の元ネタが多いに越したことがない。つまり、今までに色々な体験をしてきた方や、知識がある方のほうが、面白いアイデアがたくさん思いつくはず。

斬新なアイデアや秀逸なツッコミがしたい方は、好奇心を持ち普段興味が沸かないジャンルに触れることで選択の幅を広げてみては。

やるならスタイルを変えるべきだったか

 とまあ、それらしいことを言ってみたものの、わずか2記事で終わってしまうとは。なんとも、情けない。もちろん続けることもできましたが、何だか分ける意味がないような気がした。

言葉のチョイスや言い回しを変えてみるとか、身の回りのおもしろい出来事を綴るとか、変化があれば意味を見いだせていたのかも。

今回サブブログを開設してみて、CSSをもっと勉強してブログ改造しようと思いった。頭の中でイメージしているモノがあるものの、全くの知識不足でデザインも変えれず。このブログもシンプルかつカッコよくしたい。

資格試験の勉強が今のところむちゃくちゃ面白いので、いったん落ち着いてからにするか、今の時間効率を格段に上げる方法を取り入れるかして、CSSの勉強もしてみよう。

人生は選択の連続だとか名言チックなことを書いたが本当にそう思う。より良い選択は選択肢が多いほど確率が上がる

今後も、色々なモノに興味を持ち、環境に応じて取捨選択をしていきたい。でないとすぐ時間は過ぎるらね。今年も残すところ後4カ月。一年て早い。