読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kaaaaawaのブログ

はたしてこれはブログなのか?

iPhoneからBlackberryに変えた3つの理由

f:id:kaaaaawa1:20160704180014j:plain

 iPhone一択になりつつあるスマホ市場。そろそろ飽きが来ている方は居るのではないだろうか。

日本におけるiPhoneの普及率ってご存知だろうか?

なんと、60%以上のシェア率となっている。docomoがiPhoneの取り扱いを開始した時なんて68%超えであった。日本人はiPhoneを持ちすぎだ。

電車や街を見るとやっぱり「みんなiPhoneじゃない?」と感じる。

そこで思うのが、「iPhoneに飽きている人は絶対にいる」と言うこと。

シェア率を見ても年々下がってきているように、アンドロイドやもしくはガラケーにシフトしている方は少なくともいるようだ。

私はiPhoneからシフトしてもう4年立つ。

きっかけはiPhoneに飽きがきたからだ。

同じように「なんか違うスマホ使ってみたいな」とか「古くなったし買い換えようかな」とお考えの方におすすめしたい機種がある。

今回おすすめしたいのが、Black berry Classicという機種。

「何それ?」と思った方もいるだろう。

実はこのスマホ日本では売っていない

Blackberryて何なの?

BlackBerryとは、カナダのRIM(Research In Motion)社が開発・販売している、通信機能を内蔵した携帯情報端末。RIM社はもともとはページャポケベル)のメーカーだったが、ページャ端末にスケジューラやアドレス帳メール機能などを盛り込み、QWERTYタイプの簡易キーボードを備えて高機能化した。携帯電話のように着信を知らせるプッシュ型メール配信システムを採用したため、北米を中心にビジネスマンに人気を博して普及した。

-IT用語辞典

 海外ドラマや映画で目にしたことがあるかもしれない。

海外旅行がお好きな方はよく見かけるかと思う。実はオバマとメルケルもBlackberryを使用している。(今は違うかも)

日本では以前にdocomoから発売していたが、今では販売中止をしてしおり日本での取り扱いがない。

なので、ネットから取り寄せて使うほかないのだが取り寄せる価値あり。

ちなみに世界全体でのOSのシェア率でいけば、アンドロイドのほうが高い。

iPhoneは高額で買えない国が多いのである。安くで買える日本が稀。 

iPhoneから乗り換えた三つの理由

  1. iPhoneに飽きた

  2. スマホは文字が打ちにくい

  3. 月額が1,600円になる

 ずばりこの三つの理由である。当てはまった方はお考えしてみては?

新鮮味が欲しい

 ころころ出るiPhoneに新鮮味を感じない。

iPhoneは使いやすく重宝するのだが、飽き性の私には少し物足りなさを感じる。

シンプルがゆえにある物足りなさ。これは思っている人は多いと思う。

同じように感じている人には間違いない機種だ。

今のスマホって、データの入れ物のような感覚ではないだろうか。

Blackberryは文字を打つ機械といった感覚が強い。今のスマホに飽きた人は満足すること間違いない。

ちなみに私はBlakberyyはこれで4台目だ。なぜか癖になる快適さ。

スマホって文字打ちにくくない?

 これはかなりのおすすめポイントである。

文字を打っている感覚がしないのはスマートフォンの特徴だと思う。

フリック入力もかなり便利なのだが、英数字の切り替えが面倒ではないか。

iPhoneの日本語、英語、数字の切り替えの法則がいまだにわからない。

Blackberryでは、QWERTYキーボードという物理キーがついており、パソコンと同様に文字を打つのが圧倒的に楽。
「alt + enter」を押せば入力言語を切り替えれるし、「alt」を押しながらでキーを押せば記号も打てる(PCでいうShiftキーみたいな感じ)。
あと、何といっても、コピペの快適さはスマートフォンの中で一番。真ん中にトラックパッドがあるのだが、これがマウスの役割をするわけだ。 

f:id:kaaaaawa1:20160704180202p:plain

スマートフォンでは、コピーしたい場所を長押しして選択すると思う。あれ難しくないか?Blackberryでは選択がむちゃくちゃ楽だ。是非試していただきたい。

携帯料金て高くない?

 携帯料金が高い人必見。私の携帯代は1,600円である。毎月これのみ。(今はiPadも使用しているので2,200円)

安い。安すぎる。電話とネット3GB分でこの値段である。

これは格安SIMと呼ばれるMVNOというモノだ。

通信3キャリア(docomoとか)の10,000円代と比べればかなり安いはず。

私はBIGLOBEのSIMカードを契約している。

自分に合ったプランやSIM会社が選べるので、通信容量をたくさん使う人も安く使用できる。

ちなみにSIMフリー端末なので、海外旅行に行っても現地でプリペイドのSIMカードを契約すればそのまま使用できる。

今後SIMフリーやMVNOの知識は付けておいたほうが良い。

また後日、別途で記事を書いてみようか。

※iPhoneが高いというより、通信3キャリアが高いということ。別にiPhoneでも1,600円で使うことは可能。後日別記事にて説明する。 

こんな人におすすめ

  • iPhoneに飽きた
  • 文字を打っている感覚がしない
  • コピぺがしづらい
  • 日本語、数字、英語の切り替えが面倒
  • ゲームをしない
  • 情報を集めて編集やまとめをする
  • 長文を打つ
  • 月額を安くしたい

 このように感じた方は、もしかしたらハマるかもしれない。

ただ、欠点とすれば、アプリが少ないところである。

思っている以上に少ない。ゲーム類はほとんどない。

オフィシャルのストアにはモンストやツムツムなんかはない。

ゲームをあまりせず、文字を打つのが好きな人。ちょっと今までにない携帯が欲しい人は是非試してみてはいかがだろうか。 

お気に入りポイント3つ

 ここまで読み進めた人はiPhoneを買い換えようと思っているんじゃないか?
最後に、私が個人的に気に入っているポイントを3つ紹介する。 
  1. メモアプリ「Remember」
  2. トラックパッドが快適
  3. ショートカットが早い

メモが取りやすい

 純正アプリの中に、Rememberというメモアプリがある。純正なのでタスクもメモもこちらで管理している。
便利なのが、Evernoteと連動できるところ。
Evernoteのフォルダに保存されていくわけだ。
で、このブログの運営もとであるはてなブログだが、記事作成のツールバーにEvernoteの連携があり、Rememberで書き溜めた記事をボタン一つで投稿できるのだ。これは、超便利。
ちなみに、Evernoteのフォルダは、「00ブログネタ」「01ブログ記事」「02仕事」「03生活」「04資料」こんな感じ。
00にネタをほり込んで、ある程度文章にして01に移す。仕事の案件や進行中業務は02に、行きたい飲食店や、欲しい物などは03に入れる。
文字を打つためにあるといってもいいblackberryのスマホ。是非、メモアプリの活用をして欲しい。 

トラックパッド

 すでに写真を載せているが、トラックパッドがめちゃくちゃ便利である。
Webサイト上で、押したつもりが広告に飛んでしまったったり、細かい場所はズームして選択していると思う。
Blackberryなら一発でクリックできてしまう。パソコンのマウスみたいに矢印が出て押し間違いはおきない。
また、先述したがコピペが簡単にできる。
文字をコピーして検索したいとき、長押しして選択する必要はない。この快適さ一度体験すれば忘れられないこと間違いなし。

ショートカット

 キーボードを長押しするとアプリが立ち上がるようになる。
例えば「L」を長押しすれば「LINE」が立ち上がる、など自分で好きなように設定できまる。
使用する頻度が高いアプリが多い方は便利だと思う。 

最後に

 スマートフォンは毎月が高い。10万円近くする本体を分割で契約しているだけだからね。
スマホをベットなどに放り投げたりしているが、10万円の物を雑に扱ってると考えるとちょっと震える。ただ、本当に10万の価値があるのかは疑問だが
スマホの登場で取り巻く環境や生活、市場と様々なことが変貌した。
家で寝ている時、火事がおきてしまった場合、みなさんは何を持ち出すだろうか?
おそらく、スマートフォンは上位に来るはず。
今ではなくてはならないツールになった。
しかし、スマホがきっかけで事件が起きたりもしている。そう考えると、スマホの誕生は喜ばしいことばかりではない。
以前に、SNSの登場でコミュニケーションのあり方が変化した?という記事を書いた。
最近この記事の検索流入が伸びているのだが、みなさんも同じことを考え検索しているのだろうか。
今も取り巻く環境は少しずつ動いている。どんどん便利になっていくのであろう。
知らないと損する情報なんてごまんと存在する。少しでも情報を仕入れて環境を変えることが必要だ。
次回は「1,600円で使える格安SIM」について書いてみる。