読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kaaaaawaのブログ

はたしてこれはブログなのか?

風邪をひいた時はとりあえずこれやっとけ!世界の民間療法

生活 生活-知恵

 

f:id:kaaaaawa1:20161228182535j:plain

 新年迎えましたね。皆さんはどんな年越しをされただろうか。私は、12月30日に風邪を引いてしまい、カウントダウンなんてどうでもいい状態であった。最悪だ。 

有馬記念を勝ち取った時に「最先良いスタートが切れるー」と思ったのだが、まさかルルに熱、喉、鼻を助けられるとはね。出費が減ったとポジティブに捉えることにしよう。

一人暮らしの風邪ほどツライものはない。ご飯を作る気力もない、ダルい、寒い、もう絶望。

まず何をすればいいのかインターネット様にすがるしかない。

今回も気力を振り絞り「風邪の治し方」を調べていたのだが、何が正解なのかがわからない。情報が多すぎて。 

首にネギ巻く人って本当にいるの?

 日本でよく言われる民間療法は、ネギを首に巻く、生姜を食べる、卵酒を飲む、色々あると思うが、「ネギは本間かよ?」と思う。

ネギですよ。ネギ。「なんで巻いちゃうのかなぁ」と思う。

NHKの英会話番組で、「世界の民間療法」のエピソードがあった。

日本はネギやら生姜やらですが、外国は全然違う。

悪寒に耐えながら調べていると、世界各国の風邪の治し方がたくさん出てきて、ついつい笑ってしまった。 

世界のおもしろ民間療法 

 世界は広い。「首ネギ」ごときで「なんだそれ?」となるのはまだ早い。諸説あるかと思うが、世界各国の風邪の治し方を抜粋してみましょう。 

レバノン

体にオリーブオイルを塗って、熱を逃がさないように新聞紙を巻く。

 

ロシア

ウォッカに胡椒を入れて飲み干す。ウォッカを染み込ませた布を喉に当てる。

 

アメリカ、フランスなど

コーラを飲む。炭酸を飛ばしたり、暖めてホットコーラにする。

 

イスラエル 

ヘビを体に這わせてマッサージさせる。

 

カザフスタン 

ニンニクを首からぶら下げる。ニンニクネックレス。

 

中国

皮膚をつねって毒素を出す。のどをつねると痰が出やすくなる。

 

スイス

耳にタマネギをつめる。もしくは、布に挟んで当てる。

 

薬飲んで寝るのが一番

 パンチが効いたものを抜粋してみたが、これは本当なのだろうか。

今回は載せてはいないが、普通に効きそうなものも多かった。

ただ、結局のところ睡眠を取ることが一番必要だと思う。ご飯食べて、水分取って、薬飲んで、たくさん寝る。もうこれにつきるだろ。睡眠は人には欠かせないものだ。

調べてみてわかったのは、「ネギ系、しょうが系、ハーブ系を飲む」というのが世界各国多かった。

コーラも喉に悪そうだが、結構多く活用されている民間療法であった。糖分が多いから意外と理にかなっているのかもしれない。

国が違うということは、土地も気候もいろんなものが異なる。

なので、「おばあちゃんの知恵」的なものも変化するのは当たり前といえば当たり前。

日本でも地域によって風邪の治し方は違うと聞く。自分にあった民間療法をみつけたいいが、「首にネギを巻く」これはおそらくしないであろう。